犬の無駄吠え防止首輪【しつけくんとワンブル】お勧めはこっち!

私の愛犬「GYAO」用に “犬の無駄吠え防止首輪” を買った

こんにちはイラストレーターの横山といいます。

最近、私の愛犬「GYAO君」用に “犬の無駄吠え防止首輪” を買ったんですね。

その時、いろいろ調べた結果、候補に上がったのが

ワンブル

しつけくん

だったんです。

そして最終的に決めたのは【ワンブル】!!

でも一体、なんで私がコレにしたと思いますか?

……今日は、そんなことを記事にしてみましたよ。

これから、犬の無駄吠え防止する首輪を買おうと思ってる方、どうそ参考にして下さい(^^♪

犬の無駄吠えの原因について!

ところで犬が無駄吠えするのは仕方ないことだし、飼い主の理解がないから吠えるんじゃないの?

……なんて言う人もいますが、犬の無駄吠えの多くの原因は、人と犬との主従関係が曖昧になっていることが挙げられるんです。

その結果として、犬が人に対して欲求を強く要求したり、縄張り意識による威嚇などの表現が無駄吠えとなって表れているんですね。


本来イヌの群れというのは、リーダーを決めるために全身全霊を賭けて戦う動物の集団。

そして、いったんリーダーが決まったら、すべてリーダーの意のままに、従順に従うという習性があるんです。

だから無駄吠えっていうのは、、飼い主を見下した態度(私の愛犬もそう!チビのくせに生意気……チョッと腹立つ…笑)は、まさに、犬は自分がリーダーと思い込んでいて、飼い主の私は犬に従う者という勘違いした主従関係になっているというわけ。

無駄吠えだけでなく、噛み癖や、散歩の時の引っ張り癖、そして、犬を叱っても、逆に吠えられて威嚇されるなどもおんなじことなんです。

こうなってくると、犬は自分勝手な行動ばっかり取るようになります。

1日中、朝夜を問わず吠え続けたり、宅配便や郵便配達の人、家の近くを通った人や他のイヌにまで吠えて威嚇するようになってしまうのです。

そうすると、飼い主のほうは宅配業者などに気を遣い、近所に謝罪したりと精神的に疲弊し、段々と犬が嫌いになって、飼うことが憂うつになってくるのです。

そうならないよう多くの人は、無駄吠えに対する手立てを探し回って、有名トレーナーなどが書いたしつけ本を読んだり、動画を買ったりして、問題行動をする犬のしつけ方を勉強するんですね。

ところが、大抵の場合は効果を感じることがなく、さらにしつけ用品の購入を奨められたりもします。

素人が犬のしつけを行うことは、実は、とても根気と時間がいるので、殆どの人はリタイアしてしまうのが現実なんですね。

そして、自分だけで解決できないとなると、時間とお金がかかる犬のしつけ教室に、一生懸命通ったりもします。

ところが、トレーナーの言うことはちゃんと聞くのに、飼い主のいうことはきかないことも多々あるんです。


さらに、ネットから多くの情報が簡単に入手できるようになった反面、その情報が有効なのかどうか、生態学的に根拠があるのか怪しい情報もあることも事実なんです。

例えば無駄吠えに効果的といわれる「マズルコントロール」っていういのは、イヌの後ろに座って、足でイヌを押さえ込み、マズルを掴むようにするという、母イヌが子の鼻を咥える習性を利用したしつけ法です。

でもこれは、無駄に吠えることを抑制するというより、コミュニケーションであるとも言われているんです。

また、無駄な吠え方をしたら、おやつを与えるという方法もあり、警察犬訓練でも実施されていますが、本来、このしつけは、きちんと教育されている犬に行われるものであって、しつけも教育もされていない犬におこなっても効果があるとはいえないのが現状なのです。

犬の無駄吠え防止首輪 私が【ワンブル】に決めたワケ!

ホント、犬の無駄吠えを治すために、しつけ教室やDVD、有名トレーナーの本などを買いまくったり、また、犬の嫌がる臭いスプレーなどの無駄吠え防止策を取っても、いっこうに効き目が感じられない!

……そう思ってる人は以外に多いんですね。

そんな背景を基に、動物の行動学を研究し、犬の無駄吠え防止対策として開発され、高い効果を期待できるというものが、犬の無駄吠え防止首輪だったんです。

その仕組みは、犬の喉の部分に不快に感じる刺激を与えて無駄な吠え方を抑制し、しつけを行うというもの。

犬が吠えたり威嚇したりした時に、飼い主はリモコンを押すだけで吠え癖が改善されるという犬のお助けグッズになっています。

いろいろ調べたところ、犬の無駄吠え防止首輪で良さそうなのは【ワンブル】と【しつけくん】だったんです。

でも、よくよく調べてみたら、実はこの2機種、ほとんど同じ性能だったんです。

装着する首輪はコンパクトサイズのため、タマゴ1個分の軽さほど。

操縦するリモコンは、手の平サイズなので、飼い主の負担も少ないといえました。

2機種ともワンタッチ式で、誰でも簡単に装着ができるし、首輪本体は、優しい素材でできています。

設計段階でイヌの抵抗力を緻密に計算し、幅広いテリトリーで、多くの種の頑固な無駄吠えや吠え癖ににしっかりと対応。

犬が不快に感じる外部からの周波数の刺激音や不快なバイブ振動、そして、静電気のレベルから皮膚の奥が刺激される感覚の電気刺激までの3種類のモードが備わっています。

刺激は、本体の電圧が3Vなので、電気が100mAでも、犬の体には悪影響を与えることがありません。

リモコンの遠隔許容範囲は2機種とも300mになっていて、万が一、散歩中に、首輪が外れたり、リードを放したとしても安心できる範囲の距離でした。

また、口コミを調べても、この無駄吠え防止首輪によって、イヌの無駄吠え防止効果を実感できただけでなく、一週間以内には、完全な吠え癖の解消もできたことが数多く書き込まれていたんです。

こんな感じでデータを比べる限り、【ワンブル】【しつけくん】……ほぼ一緒だったんですね。

だったらどっちでもいいじゃん!……とお思いでしょうが、そうではありませんよ(笑)

では、私がなんで【ワンブル】にしたかといえば、見ての通り、白でロゴがバッチリ可愛く入っていたからなんです。

なんだか、こっちのほうがお洒落っぽいじゃないですか。

値段は

ワンブル 12,800円(税込)

しつけくん 11,664円(税込)

といった具合に、若干高かったんですが、これぐらいだったら私にとっては許容範囲。

それで、最終的に【ワンブル】にしたというわけです。

では、もう少し詳しく無駄吠え防止首輪「ワンブル」の仕組みについてご説明しますね。

簡単に言うと自分の飼っている愛犬に首輪を装着させ、吠え出したら飼い主が持っているリモコンのボタンを押す事で、首輪に搭載されている機能が反応して刺激を与え、その結果無駄吠えを防止できるというシンプルな仕組みです。

リモコンの操作もボタン一つで出来るので、誰でもとても簡単にしつけをする事が出来ます。

無駄吠え防止首輪「ワンブル」には3つの機能が搭載されています。

まず第1に、音の機能です。

音量の調整はする事が出来ませんが、ボタンを押すと犬が嫌がる周波数の音が出て、その結果静かになります。

分かりやすく人間に例えると、学校の教室の黒板で爪を立てて引っかいた時の音のような感覚です。

第2に、振動の機能です。

首輪部分には金属製の刺激棒がついていて、この部分が直接振動する事によって、犬は嫌がり無駄吠えを防止させます。

第3に、電気の機能です。これもリモコンのボタンを押す事で喉元に電気が流れ嫌がり、吠えなくなります。

この電気機能はレベル1から100まで調整する事が出来ます。

レベル1から10は人間で言うと静電気がくる位の感覚です。

レベル11から40だと肩こりの時に使う電気器具ほど、そしてレベル41から100は皮膚の奥がビリッと刺激されるほどのものです。

小型であれば低いレベルの電気で充分ですし、中型であれば中レベル、大型だと大レベルと調整できるのであらゆる犬に使う事ができます。

これら音、振動、電気の3つの機能はいずれも全て体に悪影響がないように研究され作られており、これらの機能によって心肺や血圧の変化、皮膚への悪影響もありませんので安心して使う事が出来ます。

「ワンブル」の首輪の長さも、19センチから42センチまで調節できるので、ワンちゃんも首輪で首を絞められる事がありません。

首輪も肌にダメージを与えないような素材で作られており、また取り外しもワンタッチですぐに外せる構造になっているので誰でも使用する事が出来ます。

そして無駄吠え防止首輪「ワンブル」は電池式なので、細かい機械作業などなく、とても手軽に取り付ける事が出来ます。

それから、飼い主が持つリモコンと、首につける本体それぞれに電池を入れればすぐに使用できますし、リモコンの大きさも人間の片手に納まる程度で、重さも本体とリモコン共に電池を入れていない状態で約50グラムと軽い為、普段シャツやズボンのポケットに入れて携帯して持ち歩く事もできる仕組みになっています。

リモコンが届く範囲は約300メートルと非常に大きいので、仮に散歩中に犬が逃げたしたりしても焦ることなく使う事ができます。

「ワンブル」には音、振動、電気の3つの機能が付いている仕組みなので、無駄吠えを防止させる以外にも使う事ができます。

例えば、知らない人にすぐに噛み付いてしまう癖がある時でも使う事ができますし、中々トイレの場所を覚えずどこにでも用を足してしまう時にも「ワンブル」は有効です。

その他にも落ち着きがなかったり、「待て」のしつけなどにも効果が期待出来ます。

「ワンブル」は、大切なペットにつけるものなので、故障などして誤作動をしても困ってしまいます。

そうならない為にも、製品はとても厳しい品質管理体制の中で作っており、また検査も非常に厳しい基準を通っているので安心して大切なペットに使う事ができます。

「ワンブル」は国際標準化機構が認定した工場で作られており、使われている高品質なICチップも技術者が管理する中で最先端の機械で作られているので誤作動の心配もありません。

そして出来上がった製品は、検査員が一つ一つ内部と外部をチェックして、その検査を通った製品だけが出荷される仕組みになっています。


結果的に無駄吠え防止首輪は「ワンブル」にして大正解でしたよ。

愛犬「GYAO君」の無駄吠えも随分減ってきたし、お散歩の時に付けていっても、こっちのほうが全然可愛いですもん。

でも、男子だったら逆に【しつけくん】でもいいかもしれませんね。

なんかワイルドな雰囲気だし、値段も安いし!!

あとは次の段階の困りごとである「噛み癖」や、「きちんとしたトイレ」や、「待て」、「伏せ」ができない、「いきなり誰にでも飛びつく癖」や、散歩の時の「酷い引っ張り」、そして、常に「ソワソワして落ち着きがない」など、わたしを無視した自分勝手な行動をする「GYAO」の習性に取り組んでみようと思っています。

では最後に、両方の公式サイトにリンクを張っておきますので、ご興味のある方はチェックしてみてください!!

【ワンブル】12,800円(税込)

犬の無駄吠え防止首輪【ワンブル】の詳細・ご購入はコチラへ



【しつけくん】11,664円(税込)

犬の無駄吠え防止首輪【しつけくん】の詳細・ご購入はコチラへ



■LINK
  • 無駄吠え
    犬の無駄吠えを直すしつけ方!ケース別の対処法について
  • 無駄吠え防止首輪
    無駄吠え防止グッズの経験談を聞きたい : 犬のQ&A集まとめ - dogoo.com